練習・試合グラウンドについて

現在プルメザスが普段練習に使っているグラウンドは、土のグラウンドです。

練馬区立の広くて綺麗な人工芝グラウンドも存在しますが、区にあるチームの数に対して数が圧倒的に足りません。予約は抽選で行われるものの、チームの所属人数が多ければ多いほどより高い確率で当たる制度になっているため、稀に運良く当たった時に練習や試合に利用しているという状況です。

プルメザスが目指すことは、チームの人数を増やすことではなく、より良い指導をより良い環境で行うことです。そのため、最適な人数で練習をして、子ども一人ひとりに目を行き渡らせることのできる人数の限界に達してしまえば、人数の面での成長は止めざるを得ません。

芝では、ボールの動きは土のグラウンドと違います。ボールが変なバウンドをすることは少なく、よりプロのサッカーに近い形で練習をすることができます。行うことのできる練習メニューも増えます。

私営グラウンドを使用するという選択肢もありますが、都内の多くはフットサルコートで、そこでできる練習には限りがあります。

今の練馬区の制度では、10人以上で1枚登録カードを作ることができます。登録カード1枚で、平日なら4枠、休日なら2枠の抽選に参加することができます。
学年ごとに練習をするために、各学年20人ずついるチームと、単学年で計10人のチームとの間の抽選参加機会に差をつけることには意味があると思います。しかし、作ることのできる登録カードの枚数に上限がないため、所属人数の多さだけで区立グラウンドを使用できる可能性の差が数倍から数十倍程までに広がっています。
公立施設の利用の仕方として、この制度には問題があると考えています。

プルメザスは、子ども達がより良い環境でより良い指導を受けて成長できるように、頑張り続けます。

 

《パートナー・スポンサー募集》

プルメザスのサッカーの教え方や考え方に共感して頂き、プルメザスの子ども達がより良い環境でサッカーができるために力をお貸し頂ける企業様や団体様、個人の方がいらっしゃいましたら、info@promesesfs.comまでご連絡お願いします。

自分達のグラウンドを持つことも環境面の改善のための大きな一歩になると考えていますが、
グラウンド関連だけでなく、スポーツ用品のご提供や共同プロジェクトなど、どのような形でもご相談お待ちしています!