プルメザス フットボールスクール

∨ Promeses FSについて ∨ サッカースタイル ∨ 交友関係 ∨ サービス ∨ 名前の由来 ∨ VALORES

 

プルメザスFSについて

プルメザスFSエンブレムスペインに生まれ育ちサッカー指導を学んだスペイン人コーチXavi Bellido(チャビ・ベジード→コーチ紹介)が、バルセロナで学んだサッカーを日本の子どもたちに伝えたいという思いから、2018年に開校致しました。

指導は基本的に日本語で行います。通訳を介せずに、コーチが直接自分の言葉で伝えます。その一方で、挨拶やサッカーに関するスペイン語も練習の中で少しずつ学んでいきます。

私たちの目的は、ヨーロッパのサッカーチームにいるような経験を日本の子どもたちに提供することです。最高の雰囲気で他とは違ったサッカーを楽しむ姿を見たいという思いで、誰の助けも借りず0からスタートしました。私たちは”フットボール”を愛し、その気持ちでサッカーを教えています。

プルメザスFSには確固としたサッカースタイルがあり、そのスタイルに沿って教えています。詳しくはサッカースタイルをご覧ください。

希望者はスペインへの短期サッカー留学へも行くこともできます。留学前には、サッカーや日常生活のためのスペイン語クラスを行い、スペインのチームで本場のサッカーをよく学べるようサポート致します。

 

プルメザスFSで学べるサッカースタイル

まず、質問です。
どちらの敵からボールを奪う方が難しいでしょうか?
 ①ドリブルの上手な選手がたくさんいるチーム
 ②パスをはやく出し合うチーム

プルメザスFSの考え方では、答えは②です。

なぜなら、ボールを持っている1人を相手にするのであれば、例え相手のドリブルが上手くても、ボールを奪う機会が必ずどこかにあるからです。しかし②の場合、ボールがあった場所に着いた時には、既に別の選手にボールが渡っています。

日本には技術的にはとても高いものを持っている選手が多いですが、それだけでは世界で戦うことは難しいです。サッカーのスタイルに正解はありませんが、他のサッカー強豪国で教えられている、チームでボールを持つ時間を大切にするスタイルを学ぶことで、より良い選手になれるはずです。相手にボールを取られてもすぐに取り返す。相手にボールを奪われそうな時は、周りや後ろの仲間にパスをする。それができるよう、ボールを持っていて困っている仲間がいれば、すぐにパスコースを作って助ける。等といったことがあります。

自分のチームがボールを持っている間、相手チームは何もできません。つまり、攻撃だけでなく、自分のゴールを守っていることにもなります。サッカーではボールを持っているチームが試合をコントロールします

ヨハン・クライフとジョゼップ・グアルディオラヨハン・クライフ“と”ジョゼップ・グアルディオラ“の選んだサッカースタイル、“ティキ・タカ”“ポゼッションサッカー”とよく呼ばれるサッカースタイルです。

 

 

 

交友関係

FCバルセロナアカデミー葛飾校
当スクールで特に秀でた選手がいればセレクションへの推薦を行います。

親交①

UE Sant Fost
スペイン短期サッカー留学の受け入れ先チームです。

親交②

 

サービス

‣相談などがあればメールでもコーチが回答をします。

‣子どもたちが自分の成長や課題を見つめられるよう、
 コーチから各選手にそれぞれの変化について書いた選手レポートをお渡ししています。

‣試合に来る人は特別なプレゼントがもらえます。たまにコーチ達はスペインに行ってサッカーのお土産を持って帰ってきます。(最近はスペインリーグのシールのプレゼントがあります)。

 

プルメザスの名前の由来

カタルーニャ地図

プルメザスFSという名前はカタルーニャ語という言語から来ています。PROMESAには「良い未来がありそうな人」という意味があり、その複数形のPROMESESという名前となりました。

 

 

 

 

VALORES (バローレス)

Ambición(意欲): 日々成長しようとする。

Respeto(敬意): 仲間もコーチも相手チームも敬う。

Humildad(謙虚な心): 自分が上手になっても驕らず仲間に教えてあげる。

Trabajo en Equipo(チームワーク): 一人ではなくて仲間と一緒に頑張る。